BLOG

川越市 高校生 肘関節の痛み 肘の捻挫 内側側副靭帯

川越市 高校生 肘関節の痛み 肘の捻挫 内側側副靭帯損傷

【原因】 サッカーゴールキーパー。練習試合中にシュートを防いだ時、左手を地面についた。体重が左肘の内側にかかりミシッとした音がした後、激痛で左肘関節を屈伸することが出来なくなった。

【治療】 来院時、左肘から前腕が酷く腫れ、肘の内側を触れると熱(体温)が高くなっていました。ゆっくり曲げてもらうとすぐには伸ばせない状態でした。超音波画像では左肘の内側側副靭帯が左画像の赤線のように損傷(断裂)していました。腫れの軽減と靭帯組織の修復を促進させる理学療法を行います。数週間は左肘関節をしっかり固定します。固定除去後は靭帯の治癒経過を見ながらリハビリを開始します。

 当院では「痛みを診る」に取り組み、超音波診断装置で痛みの原因を目で見て確認しています。超音波検査は被ばくの心配がなく、妊婦さんや乳幼児にも繰り返し検査することが可能です。

 長年、肘が痛い、原因不明の痛みがあってお悩みの方は当院までお問い合わせ頂くか、直接ご来院下さい。きっと、あなたのお力になれると思います。

 

鶴ヶ島市 ふじみ接骨院 ☎049-271-3570

 

ふじみ接骨院

治療案内

健康保険取扱、交通事故治療、労災治療、自費治療、
エコー画像評価(超音波検査機器)

対応可能な症状

疲労骨折、骨折、肉ばなれ、ねんざ、打撲、脱臼、
成長痛治療、スポーツ肩・肘・膝治療、産前産後ケア、
骨盤矯正

受付時間
  9:00~13:00
15:00~20:00

休診日:土曜日午後、日曜祝日

049-271-3570

 
住所

〒350-2201 埼玉県鶴ヶ島市富士見4-28-28

鶴ヶ島市立栄小学校、富士見保育所、
富士見(旧公民館)市民センターより徒歩2分。
駐車場3台あり