BLOG

坂戸市 3才男児「右肘が抜けたようで」肘の痛み 子供の肘脱臼 肘内障

坂戸市 3才男児「右肘が抜けたようで」子供の肘脱臼 肘内障

【原因】自宅内で転びそうになって右手を床についたときに受傷したようです(その瞬間を誰も見ていない)。それ以降、右手をぶらんとしたままで、腕を動かそうとしません。

【治療】男児に右腕を挙げるように促しても痛いと訴えます。超音波(エコー)画像検査を行うと、右肘の輪状靭帯と滑膜ヒダがずれて右腕橈関節に引き込まれ(挟まっ)ていました(画像左の丸の囲み)。

上記の靭帯とヒダを元の位置に整復します。整復後も数日は痛みを訴えることがありますが、これは肘が抜けた際に靭帯やヒダ、筋肉も傷めてしまうからです。

当院、過去の症例はココをクリック下さい!

 

当院では、子供の肘の脱臼の治療を行っております。休日や診療時間外、深夜、早朝でも受付しています。

留守番電話に伝言頂きましたら、こちらからご連絡させて頂きます。

 

鶴ヶ島市 ふじみ接骨院 ℡049-271-3570

 

ふじみ接骨院

治療案内

健康保険取扱、交通事故治療、労災治療、自費治療、
エコー画像評価(超音波検査機器)

対応可能な症状

疲労骨折、骨折、肉ばなれ、ねんざ、打撲、脱臼、
成長痛治療、スポーツ肩・肘・膝治療、産前産後ケア、
骨盤矯正

受付時間
  9:00~13:00
15:00~20:00

休診日:土曜日午後、日曜祝日

049-271-3570

 
住所

〒350-2201 埼玉県鶴ヶ島市富士見4-28-28

鶴ヶ島市立栄小学校、富士見保育所、
富士見(旧公民館)市民センターより徒歩2分。
駐車場3台あり