BLOG

坂戸市 女性会社員「もう何年も前から痛くて・・」右足底腱膜炎 踵骨棘

坂戸市 女性会社員「もう何年も前から痛くて・・」右足底腱膜炎 踵骨棘

【原因】歯科衛生士をしています。踵が痛くなったのは、10年以上前だと思います。仕事をしている時は、職業柄、右足に荷重していることが多いせいか、気が付くと右足の踵が痛くなっています。

痛みが酷くなると接骨院(整骨院)や整形外科に通院して、痛みが軽減すると通院をやめて、を繰り返してきました。仕事中は湿布とサポーターは欠かせません。

【施術】踵を付くと痛いので爪先に荷重して歩いています。踵の底を指で押さえても痛みます。超音波(エコー)画像検査をしたところ、以下の事が判りました。

  1. a 踵骨に付着している部分の足底腱膜が健側と比較して、硬く肥厚していました(画像白線で囲んだ部位が足底腱膜)。b 脂肪組織は健側と比較すると、全体的に白く描出されていて、硬い組織になっていることが判ります。c 健側と比較すると、右踵骨は赤線で描いた線が、本来の踵骨の形であることが判ります。d 黄色で描出した線が骨の増殖部分(骨棘)となっています。
  2. 爪先歩行をしていると足裏の足底腱膜が常に負担となって痛みが酷くなってしまいます。日常生活や仕事中は、加工したインソールを入れて、踵を付いて歩行できるようにします。
  3. 施術は、硬くなった脂肪組織と肥厚した足底腱膜を柔軟にする電気療法を行います。また、ふくらはぎや太ももの筋肉をマッサージやストレッチングで柔軟にします。
  4. そうすることでインソールを入れなくても踵から接地する正常な歩行が出来るようにしていきます。
  5. 当院、過去の症例はココをクリック下さい。

当院では「痛みを診る」に取り組み、超音波(エコー)画像検査で痛みの原因や患部の状態を目で見て確認しています。

踵や足の関節が痛い、原因不明の足の痛みが続いていてお悩みの方は、当院までお問い合わせいただくか、直接ご来院下さい。

きっと、あなたのお力になれると思います。

 

鶴ヶ島市 ふじみ接骨院 ☎049-271-3570

 

ふじみ接骨院

治療案内

健康保険取扱、交通事故治療、労災治療、自費治療、
エコー画像評価(超音波検査機器)

対応可能な症状

疲労骨折、骨折、肉ばなれ、ねんざ、打撲、脱臼、
成長痛治療、スポーツ肩・肘・膝治療、産前産後ケア、
骨盤矯正

受付時間
  9:00~13:00
15:00~20:00

休診日:土曜日午後、日曜祝日

049-271-3570

 
住所

〒350-2201 埼玉県鶴ヶ島市富士見4-28-28

鶴ヶ島市立栄小学校、富士見保育所、
富士見(旧公民館)市民センターより徒歩2分。
駐車場3台あり